会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

リース契約には気をつけろ!

会社の税金 融資 財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今回は「リース契約」について学びましょう!!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

リース契約とは?

会社が欲しい「設備」を、リース会社が「購入」して、それを「借りる」する契約を、リース契約と言います。

ザックリ言うと、「資産の賃貸」ということですね(*^^*)

リースとは

メリット・デメリット

なんの取引でもそうですが、メリットとデメリットがあります。

メリット
✔資金調達が他よりは簡単にできる
✔契約時にまとまったお金が必要ない
✔毎月の支払いが定額になり資金繰りが読める
✔再リース料が安い

デメリット
✔途中で解約できない
✔解約すると多額の違約金(残債の支払い)が発生する
✔金利が高い
✔そもそも資産は自分のものにはならない

細かい解説は、動画や音声に譲りますが、最大のポイントは「途中解約できない」ことです!
以下の事例で解説しましょう(*^^*)

<事例>
車のリース契約 10台
リース契約期間 6年
月額 3万円/台
年間 3万円×10台×12ヶ月=360万円

契約1年後に、コロナウイルスなどの世界的経済ショックがあったとしましょう。
それで、会社の営業がすべてリモートになり、車を使わなくなった・・・。

悪夢ですよね(笑)

万が一リース契約を途中解約すると、残債相当の違約金を一括で払うことになります。
しかも、車の所有権はリース会社ですので、車を売ることもできません

また車を所有することによるコストは、その他にもたくさんあります。

  • 駐車場代
  • 車検代
  • 保険代
  • 自動車税
  • ガソリン代
  • 修理代

※リース契約によっては、車検や保険、自動車税は込みの場合があります。

リース契約は、「行きはよいよい帰りは怖い」なのです(*^^*)
2020年新型コロナウイルスの経済ショックで分かったと思います。

だから僕が気をつけているのは、リースのように「長期の契約はしない」ことを意識しています。

1年後、3年後何が起こるか分かりませんからね!

リースでよくあるもの

さて話を戻しまして、リースでよくあるものをご紹介します。

  • コピー機
  • セキュリティ関係
  • 電話設備
  • ソフトウェア

などなど、何かの設備や資産を購入する場合には、ほとんど使えると思います(*^^*)

このように、使い勝手はかなり良いのです!

注意すべきリース契約

ここでコラムとして、面白いけど注意すべきリース契約をご紹介します。

それは、ホームページでリース契約です(笑)

広告は、『月3万円でホームページを作れます!』とあり、電話営業でもこの手の話は多いですね。

次に担当者と面談すると、営業トークで、『月3万円のお客さんが見つかれば、それで払えますよ( ̄ー ̄)ニヤリ』と優しく語りかけます。

お、ホームページを作り、月3万円の契約だったら取れそうだから、安いかもね!と思われる方も多いでしょう。

しかし、それは蟻地獄の入り口です・・・。

このリース契約の「総支払額」を計算したことありますか?!

<契約内容>
月額 3万円
リース期間 6年
月3万円×12ヶ月×6年=216万円

どんだけすごいホームページができるのでしょうか(笑)

それも契約によっては、ホームページは製作会社のもので、契約終了後の6年後には再度リース契約を結ばないと、作ったホームページは使えません・・・。

使いたいなら、『一括で買い取ってください。はい、120万円です!』と言われるオチがあります。

この間に払ってきたリース料ってなんだったんでしょうね・・・(泣)

開業したての店舗系の商売や、クリニックをオープンした人たちは営業電話がかかってきますので要注意ですよ!!

支払の優先順位

では設備を買うときに、どの支払い方法が良いのか優先順位を解説します。
以下の、3つが考えられます。

  • 1.リース契約
  • 2.割賦契約
  • 3.購入(現金・借入)

山下くんがオススメするのは以下の順番です(*^^*)

✔支払の優先順位
✔お金があるならお金で払う
✔銀行から借入できるなら借りて払う
✔割賦購入で契約できるなら割賦で払う
✔どれもダメなら、最後にリース契約

つまり、リースは最後の選択肢となるのです!

ただし、これが正解ではありません(*^^*)

会社の現金の残高、会社の状況、起業時などの状況によって判断基準は変わります

例えば、現金が300万円しかないのに、250万円の設備を現金で購入したら、残高50万円になってしまいますよね(笑)
それは危険なので、借入の検討、割賦、リースなどを検討するのです。

逆に、預金に5,000万円あるのであれば、250万円設備は一括で払ってしまった方がリスクが少ないのです。
金利を払う必要も無いですし、万が一使わなくなったら、売ってお金に変えればいいですからね(*^^*)

こう考えると、やはり「現金は強い」ですね!!

まとめ

  • リースは資金調達のひとつの手段
  • リースは会社の状況によって使い分ける
  • リースは最後の選択肢

動画・音声

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP