会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

借入の保証人にはなるな!

融資

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は「借入の保証人」というテーマです!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。僕のビジョンは『中小企業の経営をサステナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

社長も保証人になっている?

会社の借入⇒社長個人のが保証人になる

基本、法人と個人は別人格
つまり、他人の借入の保証人になっている!

これを「経営者保証」という

保証人になるとは?

万が一、会社の借入が返済できない
社長個人の財産から返済する必要がある・・・

経営者保証を外せる

経営者保証のガイドラインとは?

スクリーンショット 2022-06-16 7.44.13

ポイントは3つ!

  1. 会社と個人の財布を分ける
  2. 会社で利益を出す
  3. 銀行に定期的に業績の報告をする

既存借入、新規借入、事業承継時も可能(*^^*)

以下、オススメの動画のご紹介

【会社のお金】会社と個人の財布を分ける

 

売上と利益は同じ意味ではない

 

【商品の値上げ】まんじゅう1個50円値上げしたら、莫大な利益が出る事例

 

【銀行融資】銀行が貸したくなる決算書は?!

 

メリット

・精神的な不安が減る
・万が一、個人の財産は取られない
・安心して会社の攻めができる

デメリット

・金利の上乗せ
»»»日本政策金融公庫(経営者保証免除特例制度)

0.2%上乗せ
1,000万円⇒年間たったの2万円!

はじめの一歩

・決算書を良くする意識をする
・じっくり交渉する
・財務の勉強をする

まとめ

  • 会社と心中しない(笑)
  • 経営者保証を外して精神を安定させる
  • 最後は会社の決算書!

動画・音声

 

PAGE TOP