会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

決算書の簡単な見方

財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(^o^)
今回は、「決算書の見方」を解説しましょう!

動画・音声で確認したい人はこちら

決算書とは?!

決算書とは、会社の1年間の売上や利益、会社のお金の状況を表した大切な書類です。

経営者は、あまり興味がない方が多いんですけどね・・・。

ちなみに僕は、決算書を見れば、経営者のなんとなくの性格が分かります(^o^)
性格や考え方が、決算書の「数字に表れる」んですよね!

決算書の本

巷にある「決算書を読もう!」という本は、難解すぎて僕は読む気がしません(笑)
みなさんも、そうではありませんか?!

またこれらの本の中に出てくる決算書は、ソフトバンクやトヨタなどの上場企業が多く、中小企業とは縁もゆかりもないので勉強になりません。

そのため僕は、Amazonの電子書籍で、「小さな会社の決算書の考え方」を書きました。
営業かい(笑)

▼社長、その決算書、プロから見たらヒヤヒヤしますよ!

決算書の簡単な見方 その1

さて、決算書の見方のポイントを解説していきます。
まずひとつめのポイントは、「4つの数字だけ」見てください(^o^)

  • 1.お金(現金預金)
  • 2.純資産
  • 3.売上
  • 4.利益(営業利益)

【決算書雛形】弥生会計さんより

場所的には、「一番上」と「一番下」のザックリとした感覚で大丈夫(^o^)

決算書決算書

貸借対照表

1.お金(現金預金)

お金はたくさん持っているか?!を確認します。
やはり、経営でお金は大切ですからね。
また、お金を持っている会社に、お金が集まるようになっているんです。

2.純資産

純粋な資産はどれくらいあるか?を確認します。

純資産とは、「資産ー負債」で計算されます。

例えば、不動産投資の場合、不動産1億円、借入金1億円では、純粋な資産はゼロ円ということです(笑)
たまに、不動産投資家が「資産10億円」とか言ってますが、あれは借金も10億円ある可能性が高いのです。

会社経営では、この純資産をどれだけ高めれるかが大切になってきます(^o^)

損益計算書

3.売上

売上の規模はどれくらいか?を確認します。

  • 売上500万円の会社
  • 売上1億円の会社

あなたは、どちらの会社に出資しますか?!
売上が多ければ良い会社というわけではありませんが、やはりある程度の金額はあった方が良いですね。

4.利益(営業利益)

ちゃんと儲かっているか?儲かる事業なのか?を確認します。

やはり、経営で利益が出てナンボです。
理由は、利益がなければ経営は続けられず、倒産するからです。

利益が出て、税金払いたくない!」という経営者がいますが、そんな人には「会社を倒産させていいんですか?」と聞いてみましょう(^o^)

それくらい、利益にはこだわりましょう!

決算書の簡単な見方 その2

続いて、その2です。
次のポイントは、「大きな数字から見ていく」です。

例えば売上3億円の会社で、経費3万円があります。
しかし、このような数字を見ても意味がありませんよね(笑)

そのため、決算書を見て、パッと目立つ大きな数字から確認していきましょう。

このあたりが大きな数字ですね。

  • 現金預金
  • 売掛金
  • 借入金
  • 売上
  • 原価
  • 人件費
  • 地代家賃
  • 利益

マイナスが大きいのも結構目立ちますよ(笑)
純資産や利益は特に。

このように、まずは会社の全体像を確認することが大切です。

その後に、業種の売上原価や経費の分析、資金繰りの状況などを細かく見ていくのです。
このあたりは専門家の分野ですけどね(^o^)

まとめ

  • 決算書の4つの数字を抑える
  • 大きな数字から見ていく
  • まずは全体像を把握することが大事!

動画・音声で学ぶ

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP