会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

予定納税は恐ろしい・・・

会社の税金 個人の税金 消費税ほか

こんにちは。税理士の山下久幸です(^^)
今回は、「予定納税」について学びましょう!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。僕のビジョンは『中小企業の経営をサステナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

予定納税とは?

今年予測される税金を、先に支払うこと

2021年 確定申告 100万円
2022年 予定納税 65万
確定申告 120万ー65万=55万納税

国の考え:分割で払っていいよという優しさ(^^)
しかし、経営では違う・・・

所得税

  • 時期⇒7月、11月
  • いくらから?⇒15万円

覚え方は「セブンイレブンいい気分♪
気分わりーよ(笑)

【裏技】
»»»減額承認申請
減額をすることも可能
※7月1日から7月15日まで

法人税

  • 時期⇒期首から8ヶ月後(期首から半年後の、2ヶ月後)
  • いくらから?⇒20万円

<事例>3月末決算の場合
予定納税 11月
4月〜9月の半期

【裏技】
中間で「仮決算」をして申告
ただし、税理士報酬が損になるか?!(笑)

消費税

  • 年間約62万以上 ⇒ 年1回

法人税と同じく、仮決算で減額可能

※予定納税が遅れると延滞税などが課税される

対策は?!

・資金繰り(定期積金、ダイレクト納付で予納
・今年が利益減、赤字予想なら減額・仮決算をして減らす
・わざとクレジットカードでたくさん払っておく(笑)

まとめ

  • 予定納税は法律で決められている
  • 減額することも可能
  • 資金繰りに注意!

動画・音声

PAGE TOP