会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

海外不動産を使って節税って、まだ使えるの?

会社の税金 節税

こんにちは。税理士の山下久幸です(^^)
今日は「海外不動産を使って節税」というテーマです!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。僕のビジョンは『中小企業の経営をサステナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

海外不動産の節税手法

アメリカ不動産 5億円
土地 1億円、建物 4億円
築年数 30年以上(木造)
耐用年数 22年⇒中古4年

<節税額の計算>
減価償却費 4億÷4年=1億円/年間
1億円×個人の最高税率55%=5,500万円の節税
4億×55%=2億2千万円

<5年目以降に売却 5億円>
売却額5億−(購入額5億ー減価償却4億)=4億
4億×20%=8,000万円
※長期譲渡所得 税率20%

トータル節税額 2億2千万−8,000万=1億4千万円
税率差55%−20%=35%を活用!

【税金】中古品をお得に買って節税する方法

個人では封じられた

2021年(R3年)から使えない
しかし、法人では全く問題ない!

ただ法人だと、運用益、売却益も税率は同じ
なので、不動産投資として所有しておく

最近見た物件

・ハワイのワンルーム 2千万ちょっとからある
・利回りは低い
・円安で高くなっている
・融資が難しい場合が多い(出ても50%ほど)
・自分でも使える
・外貨の資産を作る(投資の分散)
・値崩れしにくい(資産価値あり)

まとめ

・法人にお金があれば海外不動産も検討してみては?
・節税だけを考えない
・円安のリスク、資産の分散も考える

動画・音声

 

PAGE TOP