会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

旅費日当を支給して節税しよう!

会社の税金 節税

こんにちは、税理士の山下久幸です(*^^*)
今日のテーマは「旅費日当を使って節税」を解説します。

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

旅費日当とは?

交通費、宿泊費以外の出張雑費に使うお金(経費の補填)
出張すると普段よりお金使いますよね?

メリット

・日当をもらっても税金がかからない
・社会保険料もかからない
・1人社長会社でもOK
・旅費精算の計算が楽
・ホテル代の渡し切りもOK

デメリット

・個人事業主は使えない
・経費は増える(笑)

注意点

・出張旅費規定を作る(形だけ、法外な金額でなく)
・役員報酬と日当のバランスを取る
・キチンと運用する(社長だけ運用はダメ)
・キチンとお金で精算する(カタチだけはダメ)

金額はいくらくらい?

国内出張旅費
日当  5千円/日
宿泊費 2〜3万円/日

まとめ

・出張が多い社長は日当で節税する
・カタチだけの運用ではダメ
・役員報酬と日当のバランスは適正に

【参考】
»»»海外出張が多い会社は出張旅費規定を作成し、日当・宿泊費・支度料を支給して節税できる!

動画・音声

 

PAGE TOP