会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

節税の分岐点はいくらから?!

会社の税金 財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(^o^)
今回は、「節税の分岐点はいくら?!」を勉強しましょう!

節税する利益の分岐点

まず答えを言うと、会社と役員報酬の合計で2,000万円が分岐点です!

<内訳>
会社の利益 800万円
役員報酬  850万円
社会保険  120万円
合計 1,770万円 ⇒ 約2,000万円

会社の利益に、自分の給与をプラスする「個人事業の計算」のイメージが分かりやすいですかね。

理由

なぜ2,000万円なのか、それには3つの理由があります。

  • 1.会社の税率が低い
  • 2.給与所得控除の限度額
  • 3.所得税率も低い

では、ひとつずつ解説していきますね(^o^)

1.会社の税率

利益が800万以下は、法人税率が低い。
法人の税金計算は、2段階の構造になっています。

  • <法人税率>
  • 800万以下 ⇒ 25%
  • 800万円超 ⇒ 37%

このように、800万を境目に税率差が12%もあります!
そのため、800万円以上の利益が見込めそうであれば、積極的に節税をしましょう。

こちら、法人税の勉強のコンテンツです(^o^)

2.給与所得控除の限度額

給与所得控除とは、サラリーマンの必要経費と言われるものです。

  • 給与収入(年収)ー給与所得控除=利益(所得)

給与から差引できる部分ですね。

給与が850万円を超えると、195万円で頭打ちになるため、これ以上給与をもらっても税金が高いだけです。

計算するとこうなります。
850万ー195万=655万円

»»»【国税庁】給与所得控除

給与所得控除については、こちらのコンテンツで学んでくださいね。

3.所得税率

年収850万だと、所得税率20%+住民税10%=合計30%程度で済みます。

利益800万以下の、法人税率25%とも近く、低いので、これくらいだったら目をつむりましょう(笑)

»»»【国税庁】所得税率

個人の税金計算方法は、以下のコンテンツで学べます。

山下の答えのおさらい

  • 年収850万円(月に70万)
  • 会社の利益800万円

これ以上会社で利益が出る場合は、積極的に節税をする!!
この考えで十分です。

そのため、ほとんどの会社は節税を意識する必要はなく、もっと事業に集中しましょう(^o^)

なぜ節税が必要ないのか?!

経営は、お金を残すのが先決だからです。

会社の目的は儲けて、継続的に発展していくことが必要です。
そのためにはお金が必要。

しかし、少し利益が出たからと言って、無理に節税すると、お金は残らず、逆に損する可能性の方が高くなります。

今一度考えてください。
あなたの会社の目的って節税することでしたっけ?!

節税が目的であれば簡単です。
それは、会社を赤字にすることです!

では、会社が赤字であればどうなりますか?!

赤字であればお金が無くなる
赤字であれば銀行もお金を貸してくれない
赤字であれば、投資するお金も無いため、事業が成長しない
赤字なので人も採用できない

で、最悪倒産です。

会社のそもそもの目的は、利益を出して、継続して事業を続けることです。
そのためには、税金払って、お金を残す必要があるのです!

まとめ

  • 会社と役員報酬の合計は2,000万円が目標
  • これ以上になって節税を考える
  • 社長の役員報酬は850万!(笑)

動画・音声

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP