会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

売上と利益は同じ意味ではない

財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は「売上と利益の意味」について解説します!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。
僕のビジョンは『中小企業をサステイナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

一緒にしない

売上と利益は一緒ではない(笑)
ここを間違うと、勘違いしてしまう

売上

会社の取引の額
儲かった金額ではない

売上ー経費=利益 ⇒儲け

  • 売上 1億円
    経費 1.5億円
    利益 ▲5千万円

これでは意味がない・・・

売上=年商
ここで競わない

ちなみに、売上=年収ではない(笑)

利益

会社に残る利益が大事!

  • 売上 5千万円
    経費 4千万円
    利益 1千万円

どちらを追うのか?

『売上を最大に、経費は最小に』
by稲盛和夫

最低限の売上の額は必要
ただし、ムリに売上を増やす必要はない

売上を増やすと?
・人を雇用する
・事務所を大きくする
・設備の投資をする
・お金を借りる
・人件費、家賃、金利の経費が増える
・もっと売上が必要になる

以下、ループ(笑)

【会社経営】株式会社の意味とは?!

まとめ

・売上の額を追わない
・会社に残る利益が大事
・見栄をはらない(笑)

動画・音声

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP