会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

一人当たりの数字を意識する

財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は「一人当たりの数字」を勉強しましょう!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。僕のビジョンは『中小企業の経営をサステナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

一人当たりの数字

・粗利(売上)
・営業利益
⇒従業員1人であたりで見る

<事例>
年商10億、スタッフ100人 ⇒ 1,000万円/人
年商1億、スタッフ5人 ⇒ 2,000万円/人
年商3,000万、自営業で1人 ⇒ 3,000万円/人

売上で比較しない

粗利が大事
会社に残る利益は「粗利」だから

売上ー原価=粗利(売上総利益)

  • 売上10億円、粗利1億円
  • 売上3億円、粗利2億円

どっちがいい?!

一人当たりの粗利

=粗利÷従業員数

粗利1億÷10人=1,000万円

  • 労働分配率 60%程度
    1,000万円×60%=600万円(社保込み)
    600万÷1.15(社保)=約520万円⇒これが給与の限界

※パート・アルバイト
0.5人でカウントする

<参考>
»»»BAST速報版(206業種12分析項目)

  • 中小企業の現実は?!
    一人当たりの粗利 600〜700万

一人当たりの利益

=営業利益÷従業員数

営業利益300万÷10人=30万円

営業利益ー税金ー借入金返済=手残り
これくらいの利益では、パソコンも買えるか?!(笑)

目標にする

給与の3倍稼ぐ
給与×3=粗利
これくらいの目標は良い!

会社の目標売上
給与×3×従業員数=目標粗利

まとめ

  • 売上を追うのではなく、利益を追う
  • 総額と一人当たりも意識する
  • 他人、他社と競わない

動画・音声

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP