会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

家計簿はオススメしない!ハック家計簿のすゝめ

資産運用

こんにちは。税理士の山下久幸です(^^)
今回は「家計簿」の勉強をしましょう!!

なぜ家計簿を勉強するかというと、まずは「身近なお金」から興味を持って欲しいからです(^o^)

家計のお金は、サラリーマンであっても、経営者であっても、誰でも生きていればお金を使いますよね?!(笑)

だから、まずは個人が使っているお金に興味を持ち、そこから会社ではどのようにお金を使うのか?と勉強する方が早いからです。

そして興味を持つと、知識の吸収も早くなりますからね。
では早速参りましょう!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

家計の管理

僕は「ハック家計簿」を毎月つけています。
いわゆる食事代、お小遣いなど、使ったものを書くいわゆる「家計簿」はつけていません

理由は、面白くないからです(笑)

過去の行動(使ったお金)は変えられないし、僕は反省しないからです(笑)
ただザックリと、「毎月これくらいかかっている」という家計の予算だけで知っておけば大丈夫です!

また家計簿は悪くは無いのですが、家計簿のそもそもの視点が「節約・減らす」というのが強くありませんか?!
減らすのも限界があるため、そもそも減らすだけで、資産(お金)は増えません。

よく言われる言葉で、「家計簿をつけてお金持ちになった人はいない」と言われますからね(^o^)

ハック家計簿とは?!

では、ハック家計簿とはそもそも何でしょうか?

ハック家計簿とは、「毎月の資産と負債の『残高』を管理」するもの、と僕は表現しています。

こちらにひな形のリンクを貼っていますので、ご参考にください。
⇒ハック家計簿 雛形

また、ハック家計簿はこちらの本で紹介されています。
【オススメの本】
⇒会計HACKS!  小山 龍介 (著), 山田 真哉 (著)

付け方、確認すること

  • 毎月1日に
  • 資産の残高を入力
  • 負債の残高を入力
  • 資産ー負債=純資産の金額を知る

基本は毎月、決まった日にやると良いでしょう。
1年に1回では少なすぎます(笑)
最低月1回、月末締めが分かりやすいので、僕は毎月1日にやっています(^o^)

資産とは、「預金、株式、投資信託、仮想通貨、不動産、車」など、お金に換金できる価値がある金額を入力します。

預金であれば、月末の残高。
株式、投資信託、仮想通貨であれば、月末の時価で、買った値段ではありません。
不動産や車はザックリとで良いので、いま売ったらいくらか。
要するに、「いま現金化するといくらになるか?」という金額を入力します。

負債とは、住宅ローン、カーローン、キャッシング、奨学金など、これから支払う義務があるものというイメージです。
ここは少ないほうがいいですね(笑)

そして純資産は、資産ー負債の算式で計算さます。

この残高を毎月集計するだけです。
たったこれだけで、早ければ10分で作れます!

注意・確認すること

注意するのは、資産や負債の「時価」の金額を入力することです。

例えば、株式投資の場合、買った値段ではなく「いま現時点でいくらか?」という金額を集計することです。

理由は、いますべてお金に変えれば、どれくらいの価値があるのか?が大事だからです。

そして、純資産の金額が「右肩上がりのトレンド」になっているか?が超大事です!
これは会社経営にも言えることです(^^)

在庫の価値、不動産の価値、はたまた会社の価値はいまいくらないのか?の視点がないと、正しい経営判断ができないからです。

オススメ

ハック家計簿を作る上でオススメは、「夫婦で情報を共有」することです(^^)

家計の状況を、どちらかだけが知っているでは、知らない方は不安になるし、一緒に協力して資産を増やそうと思いませんよね?!

僕(山下家は、Googleのスプレッドシート(上記雛形)で、共有していますよ。
妻は強制的にやらされていると思っているでしょけどね(笑)

クラウドに情報があるので、いつでも、どこでも、編集・確認ができるから超便利ですよ。

さらに、90歳までのライフプランも共有しています。
妻には、全く信じてもらえていませんが(笑)

【オススメ記事】
⇒お金のライフプランを作ろう!

まとめ

  • 毎月ハック家計簿で資産の管理
  • お小遣い帳は意味が無い
  • 年収よりも、資産が増えているかが大事

動画・音声

 

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP