会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

法人をやめて個人事業に戻すには?!

会社の税金 個人の税金

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は「法人を個人事業主に戻す」と言うテーマで解説します!

会社はつくったが、
・思うように事業が伸びない
・または売上が減っている

そんなあなたは、個人事業に戻すということもひとつ検討に!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。僕のビジョンは『中小企業をサステイナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

個人事業に戻すメリット

1.社会保険の負担が減る
2.消費税の免除期間がある
3.コストが下がる

メリットの解説

1.社会保険の負担

健康保険+厚生年金=給与の30%
国民健康保険との兼ね合い
配偶者や子供を扶養にしていたら国民年金の負担が増える

2.消費税の免除期間

最大2年間免除できた
ただ、2023年10月(R5年10月)のインボイスがあるため
このメリットは少なくなっている

【税金の知識】消費税のインボイス方式ってなんですか?!

【税金】消費税を払わなくてもよい会社があるって本当?!インボイス制度で封じ込み!

3.コストが下がる

・地方税均等割 年間約7万円以上
・その他会費や手数料(商工会議所、ネットバンクなどなど)
・顧問税理士費用(笑)
・税金の申告が楽

【個人事業の税金】青色申告の2大特典を知ろう!

デメリットもある

・会社で許認可を引き継げない
・会社を閉じる手間
・解散・精算のコスト(休眠)
・法人の赤字が引き継げない
・使えない節税がある
・対外的に不安感?!
・コロナの支援金が少ない(笑)

【節税】法人×個人事業のダブル控除で節税する!2つの人格を使うオススメ

資産管理会社を作ろう!!

まとめ

・法人は運営コストが高い
・個人事業の方が自由
・一度、顧問税理士に相談してみる

◆動画・音声

 

PAGE TOP