会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

収入保障保険には必ず入るべし!!万が一の場合、残った配偶者は生活できる?

健康 資産運用

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は「必ず入る保険」について学びましょう!!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

​​保険不要論者

僕自身は基本「保険は不要」と思っています(笑)
ただし、最低限必要な保険もあります。
実際に30代までは何も入っていなかったのですが、結婚してからは「収入保障保険」に加入しました。

保険とは?

では、そもそも保険とは何でしょうか?

保険とは、万が一のときに大きなお金が必要になるが、自分で補いきれないので保険でカバーすること。

なにか事故や病気、死亡して、数百万円〜数千万円かかるなら、なかなか急に用意できないですよね。

ただ、日本人って保険に加入しすぎなんですよね・・。
保険は、本当に必要最低限で大丈夫なので、この保険に対象となる人はしっかり勉強しておきましょう!

必要な保険は?

では、保険が本当に必要なのか考えてみましょう。

  • 前提条件
  • 会社経営者(フリーランス)
  • 既婚、子供あり
  • 20代〜40代

こちらの前提条件に当てはまる人は、「収入保障保険」に絶対入ったほうがいいですよ!
収入保障保険は、「給与」みたいな保険金が出ます。
例えば毎月20万円など決まった金額がもらえるんです。

  • 保険期間は20年〜30年くらい(子供の大学卒業の年齢と合わせる)
  • 毎月20万円の保険金(金額の上下は可能)
  • 年間240万円×30年=7,200万円(最大)

長く生きていればもらえる保険金は毎年減っていきます(笑)
ようするに、収入保障保険とは、残された家族(特に子供)の教育費を補う保険だと考えて良いでしょう!

ちなみに僕が独身だったら「保険は要らないんじゃないかな」と思います(^o^)

オススメ保険会社

収入保障保険のオススメの会社があります!
それは、山下くんも加入している「FWD収入保障」がオススメです(*^^*)

理由はとにかく保険料が安い!
例えば30歳・非喫煙者優良体なら2,136円(月10万円)!
※保険金を20万、30万にしたければ、保険料は2倍、3倍となります。
FWD収入保障保険

僕自身、昔入っていた保険から乗り換えても保険料は下がりました。

  • 2020年10月に加入
  • 保険料 毎月3,697円×12ヶ月×22年間(63歳まで)=976,008円
  • 保険金 毎月20万円×12ヶ月×22年間(63歳まで)=5,280万円(最大)

約100万円払って、最大5,000万円以上のリターンがある、これが保険のメリットなのです!

万が一の金額を知る

自分が万が一のとき、どんなお金が出るか?お金はあるか?を確認しておきましょう。
僕の場合…

  • 遺族年金:年間150万〜200万円弱
  • ワンルームマンションの家賃:年間70万前後

収入保障保険金(月に20万円)もトータルすると、1年で約500万円近くあります!
その他、これまで積み上げた資産・自分の会社からの退職金…プライスレス(笑)
これくらいあれば、残された妻と子供は最低限の生活ができるでしょう(*^^*)

いつも「夫」が亡くなる前提ですが(笑)、妻に万が一のことがある逆バージョンも考えておくといいですね。
ここまで考えておけば、お金の不安がなくなりますよね!!

その他必要な保険

余談ですが、「収入保障保険」以外にも入っておくべき保険はこちら。

  • 自動車保険
  • 火災保険・地震保険
  • 個人賠償責任保険

こちらの動画で勉強しておいてくだし(^o^)

 

 

 

損保系は、損害の金額が大きいので必ず入るべし!

まとめ

  • 自営業者の子育て世代は収入保障保険は必須
  • 損保系の保険は要チェック
  • 万が一のお金のシュミレーションをしておく

動画・音声

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP