会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

損益分岐点とは?!

財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は「損益分岐点」について解説します!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

税理士 山下久幸
専門分野は『国際税務×資金調達×資産運用』で、『お客さんのお金を増やし、お金を残す提案』が得意です。僕のビジョンは『中小企業の経営をサステナブル(持続可能なもの)にする!』です(*^^*)
詳しいプロフィールは「こちら」です。

損益分岐点とは

利益の分岐点という意味
損益トントンの売上

計算式

  • 一般的な数式
    損益分岐点=固定費÷(1-変動費率 )

式が難しい・・・。

  • 簡単バージョン
    損益トントン売上=固定費÷粗利率

<事例>
パン屋さんの例
・毎月の固定費 200万円
・粗利率 70%(原価率30%)

利益トントン売上= 200万円 ÷ 70% =約285万円

逆算して確認してみる(^^)

損益分岐点を低くする

リスクを下げるため

  1. 固定費を下げる
  2. 粗利率を上げる

【経営】固定費を下げてリスクを減らす

 

粗利率を上げる
=原価を下げる、値上げをする

【商品の値上げ】まんじゅう1個50円値上げしたら、莫大な利益が出る事例

 

【経営】起業して3年目の人がやるべき値上げ戦略

 

まとめ

  • 会社の損益分岐点を知る
  • 固定費を下げる
  • 粗利率を上げる

動画・音声

 

PAGE TOP