会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

Kindleで決算書の勉強をする

Amazonの電子書籍のKindle(キンドル)で、主に決算書の本などを数冊出版しています(^o^)
まだまだ書きたい内容はてんこ盛りであるのですが、なかなか進みません・・・。
Amazonのアンリミテッドサービスであれば、無料ダウンロードできますので、読んでみてください!

社長、その決算書プロから見たらヒヤヒヤしますよ!

この本は、小さな会社の「決算書の考え方」を学ぶことができます。
中小企業の経営者で、決算書を読める必要はなく、基本的な考え方が大事なのです!

しかしこの基本的な考えが無いために、決算書の内容はボロボロ・・・。
これでは銀行も目を向けてもらえません。

ですので、しっかり基本を勉強しておきましょう!

社長、売上よりも、 粗利なんです!

小さな会社の社長は、売上しか見ません(笑)
では、売上が多ければ良い会社でしょうか?!

いや、違うのです!もっと大事なのは「粗利」なのです!
というようなことを書いた本です(^o^)

社長、その経費、 本当に使っても大丈夫ですか?!

お金を稼ぐのは大切なことですが、「お金の使い方」はその人の価値観を表します。
そのため、お金を稼ぐよりも、使うほうがもっと大事なのです!

また中小企業では経営者=株主であるため、個人的な経費を会社に入れようとします
ではあなたに質問です。

そのような会社が良い会社だと思いますか?

そんなことを学べる本になっています(^o^)

難しいこと分からないので、保険のことやさしく教えてください!

Kindleで初めての共作です(^o^)

日本人は「保険信仰」が強く、ほとんどの方が保険に加入しています。
僕自身も加入はしていますが、他の人と違うのは、保険の内容を理解して、必要なものだけに加入しているところです。

ほとんど人は、
・就職したら医療保険、がん保険
・子供ができたら学資保険
・年金が不安だから個人年金保険
・万が一のために死亡保険
に入り、保険の中身を全く知らずに加入しているのが多くいます。

そのため、この本で保険の基本的な知識を学んでください。
僕が現役の保険営業マンと対談していますので、読みやすい内容になっています(^o^)

Kindleの読み放題サービス
»»»Amazonのアンリミテッド