会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

消費税が還付されるって本当?!

消費税ほか

こんにちは。税理士の山下久幸です(^^)
今回は、「消費税の還付」について学びましょう!!

僕の専門分野は、本当はここなんですよね(^^)
»»»消費税還付のご相談はオルケスタ税理士法人まで

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

消費税の計算方法を確認

売上の消費税ー経費の消費税=納税額
もらった消費税ー払った消費税=納税額

【オススメ動画】

 

消費税の還付のからくりとは?!

還付ということは、以下のような状況になるということです。

  • 売上の消費税 < 経費の消費税

こんなことってあり得るのでしょうか?!

気をつける会社

  • 1.輸出している会社
  • 2.設備投資が大きな会社
  • 3.極端な赤字(笑)

1.輸出

輸出とは、日本国内で仕入れて、海外へ販売することをいいます。

<事例>
・国内仕入 1億円 ⇒ 消費税10%の1,000万円払う
・海外売上 3億円 ⇒ 消費税0円もらわない

売上の消費税0円ー経費の消費税1,000万円=▲1,000万円還付

2.設備投資

建物を建てる、機械の設備を入れるなど、数千万、数億円単位の投資をすることがあります。
そのときに多額の消費税を払うため、売上の消費税よりも大きくなる可能性があるのです!

<事例>
売上3億円 ⇒ 消費税3,000万円もらう
設備投資10億円 ⇒ 消費税1億円払う

売上の消費税3,000万円ー経費の消費税1億円=▲7,000万円の還付

3.赤字

ベンチャー企業や、最初に投資が大きい会社など、赤字幅が大きい会社は、消費税の還付があり得ます。

このような会社は稀ですけどね(^o^)

ここ最近は厳しくなっている

消費税の不正還付で税務署も目を光らせている。

そのため、書類や帳簿の保存など、しっかり用意しておくことが大事。

【記事】令和2年度 査察の概要 – 国税庁

消費増税のウラで、大企業は「消費税の還付金」で大儲けしていた

でも、これは別に儲けではないんですよね・・。

ただ、先に払ったもの(消費税)を、あとから還付してもらっている、というイメージです。
メディアだから、このような表現になるんでしょう(笑)

まとめ

  • 税金が還付されることもあるんですよ!
  • 輸出、設備投資が大きい会社は気をつける
  • 特に、これから輸出業を始める人は要チェック

»»»消費税還付のご相談はオルケスタ税理士法人まで

動画・音

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP