会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

経営者はリスクに気を使う

会社のお金 投資

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今回は「リスク」について語りたいと思います!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

リスクとは?

リスクの意味は「危険」
会社を経営している人にとってリスクは隣り合わせ。
2020年以降、新型コロナウイルスでいろいろあって、リスクが見えてきましたよね。

僕自身、意外と危険なことはやらず、リスクにはかなり気を使っています!
簡単に言えば「博打は打たない」で、自分や自分の会社を守っているんです。

リスクって何がある?

リスクって具体的に何があるかと言うと…

  • 経営=投資、お金
  • 人事労務=残業代、雇用のリスク
  • 法務=契約書
  • 身の危険=死
  • 火事、車の事故=怪我
  • 自然災害=生活

例えば口約束で「よろしくね!」と言って、契約書を作らないまま取引をするときもあると思いますが…それって危ないですよね。

確かに取引先と契約書を交わすのはめんどくさいです。
でも契約書が最終的に自分や会社を守ることにつながるのです!

山下くんが意識していること

リスクを100%回避するのは難しいですけど、最低限回避できることで、僕が意識していることを紹介しますね。

  • リスクが高いビジネスはやらない ⇒初期投資が大きいもの
  • お金が無くなる ⇒一年分以上の固定費の現金を持っている
  • リスクが高い投資はやらない ⇒分散する
  • 危ない遊びはしない ⇒事故、死につながるから
  • 交通事故 ⇒赤信号は渡らない
  • 自然災害 ⇒ハザードマップを見て不動産を買う
  • 小さな子ども ⇒危ないものを近くにおかない

最初に数百万円〜数千万円というお金が必要なビジネスはリスクが高い
本業なら仕方ないですが、副業や新しいビジネスなら絶対にやらないですね!

また、会社を運営するための一年間の固定費(家賃や人件費)は現金で残しています。
そのため万が一、来年の売上がゼロでも一応生活はできる状態にしているのです(^o^)

投資も、リスクが高い投資はやったとしても分散します。
全体の10%か、5%以下に抑える感じです。

お金を増やすために最低限のリスクは取りますけど、ある程度リスクを想像して行動するのが大事なのです。

リスクを避けるには?

リスクを避けるためには、「将来や未来を予測して、今の行動をすること!」です。
きちんと想定・想像できるかが大事です。

例えば100投資できるお金があったとしても、100全部投資したら0になるかもしれない。
「3分の1、10分の1になるかもしれない」と思えば、抑えて10にするとかですね。
10が0になっても90は残ってるから大丈夫!」となるじゃないですか(^o^)

会社(経営)は絶対に死んじゃいけないんです。
だから、お金をきちんと持っておくとか、安全な行動を取っていきましょう。

まとめ

  • 会社と個人のリスクを想像しよう
  • リスク回避できることは無いか?
  • 今の行動が、将来のリスク回避になる!

動画・音声

 

PAGE TOP