会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

家計のお金の使い方

資産運用

こんにちは。税理士の山下久幸です(^^)
今回は、「家計のお金の使い方・負担割合」を勉強しましょう!!

結婚してからの生活費、負担割合はどうするのか?!
悩ましい問題ですよね。

また、お金の価値観が合わないと、結婚生活も大変ですからね・・・。
できたら結婚前にお金のことは話しておいたほうが良いでしょう(^o^)
ポイントは、付き合っているときに、お金の価値観を見ておくことが大事です!!

⇒動画と音声で学ぶ方はこちら

お金の使い方

僕の場合は、夫婦の給与は各々管理して、「生活費口座」に毎月入金しています。
よって、「残り」が自分たちの小遣いとなります(^^)

自分の小遣いは、自分で稼ぐ必要があるのです(笑)
山下家では。

ザックリと、僕の家計の負担割合をご紹介します。

<家計費の割合>
家賃 ⇒ 20%

食費 ⇒ 20%

車代 ⇒ 14%

投資 ⇒ 24%

習い事 ⇒ 13%

残りがその他

車代と習い事が多いですね・・・。
つまり、あまりお手本となる数値ではありません(笑)

個人のお小遣いは総額に含まれていないため、もう少し率は下がると思われます。
またランチなど自分が食べたものも食費に含まれていなので、食費はもう少し上がるでしょう。

夫婦の負担割合は?

ほぼ「50%ずつ」の負担となっています。

だから「家事・育児」はどちらもやります。
まあ自分たちのことですからね!

基本、食事と子供の学校の準備以外は僕がやっています(^^)
掃除、洗濯 etc…

食事は結構手間で、時間かかりますよねー。
僕も手伝えるようがんばります(^o^)

なぜ負担割合が50%なのかは、僕は「対等である」意識が強いからだと思います。

誰が上で、誰が下」とか、「俺が稼いでやっている!」というのは嫌いですからね。

だからお互い協力してお金も稼ぐし、家庭のこともするのが当たり前だと思っています(^o^)
妻はどういう考えか知りませんが(笑)

ダブルインカムのすゝめ

これからは何があるかわからないので、ダブルインカムの方が「リスクが低い」と考えています。

2020年にコロナウイルスが流行り、どの業界でも経済ショックがありました。
こういったリスクに備えるためにも、やはりダブルインカムの方が安心でしょう。

また、各々が自分の世界(会社・ビジネス・趣味も)を持つほうが良いと考えています。

こちら、ダブルインカムを勉強するためのオススメの本のご紹介!
みなさんは、2億円と専業主婦どちらを選びますか?!
僕は2億円だなー(笑)

▼2億円と専業主婦 橘 玲 (著)

まとめ

  • 夫婦のお金は一緒に管理をする
  • 家計の負担割合を、家事と子供のバランスを考える
  • リスクを減らすためにも、ダブルインカムがオススメ!

動画・音声