会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

毎月の経営数字のチェック方法!

財務・決算書

こんにちは。税理士の山下久幸です(*^^*)
今日は、「毎月の数字の見方」を解説します!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

対象者

中小企業の社長、経営者
個人事業のフリーランスも

見る資料は2つ

  1. 前年比較試算表(単月、累計)
  2. 損益推移表

資料の見方は?!
・比較する(前年比較)
・流れを見る(推移表)

比較する

対象物があると数字が分かりやすい

  • 損益計算書
    前年の同じ月と比較
    2022年3月⇒2021年3月と比較(単月)

去年より売上増えた?原価率はどう?
季節変動が大きい業種
大きな増減の経費はない?

  • 期首から累計で比較
    2022年1月〜3月⇒2021年1月〜3月(累計)
    事業年度スタートから、現在までの合計で見る

今年の儲けはどう?
大きな増減は無い?
去年はあるのに、今年が無いとか?逆も

  • 貸借対照表
    前年の同じ月と比較
    2022年3月⇒2021年3月と比較(単月)

お金は増えた?減った?
なにか大きな増減はない?
借入金は減ってる?
純資産は増えている?

流れを見る

過去からの流れを見ると分かりやすい
損益推移表」という資料

  • 上下のうねりはないか?
  • 季節変動で問題ない?
  • 毎月利益は出ているか?
  • 違和感のある経費は出てない?

疑問点は顧問税理士へ

現実と、帳簿の違和感を「カラダ」で感じる
比較、推移を見て疑問点があれば確認する

これを毎月繰り返すことで
自分の会社の数字が分かる(*^^*)

まとめ

・比較して数字を見る
・推移で流れを見る
・疑問があれば顧問税理士に!

動画・音声

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP