会社と社長のお金を増やすブログ Written by 税理士 山下久幸

社長に賞与を払って、経費にする方法

会社の税金 個人の税金

こんにちは。税理士の山下久幸です(^o^)
今回は、「社長も賞与欲しいんですけど!」というテーマを学びましょう!

⇒動画・音声で学びたい方はこちら

役員への賞与

基本は「経費にできない」というのが原則です。
まずは大前提を抑えておいて下さい。

ただ実際払うことはできるのですが、「払っても経費にできない」ので、中小企業ではほとんどありません。

払うのは、大企業の上場企業とか、株主と役員が切り分けられているような会社でしょう。
雇われ社長のような。

ただし税法の要件を満たせば、社長にも賞与を払えて、しかも経費にすることができるのです!
今回は、この部分を徹底解説します(*^^*)

事前確定届出給与とは?!

さて、いきなり答えをバラすとそれは「事前確定届出給与」という制度を活用します。
名前が長ったらしいですが、漢字を確認してみましょう。

事前 ⇒ 先に
確定 ⇒ 決まっている
届出 ⇒ 税務署に知らせている
給与 ⇒ 役員報酬(賞与)

ということで、先に決まっている給与で、税務署に知らせていれば、役員に賞与を払っても経費OKですよ!という意味になります。

届出ること

では、税務署には何を届ければよいのでしょうか?
以下の3つのことになります。

  • 誰に(役員)
  • いつ(支給日)
  • いくら(金額)

を決めて、事前に税務署へ届出する必要があります。

いつまでに

では、いつまでにこの届出を税務署に出すのかというと、以下の「どちらか早い日まで」となります。

  • 株主総会から1ヶ月以内
  • 期首から4ヶ月以内

<事例>3月決算の場合
◆株主総会 5月25日 ⇒ 6月24日(1ヶ月以内)
※株主総会は決算から2ヶ月以内の申告月が多いです。

◆4ヶ月以内 7月31日(4月1日から4ヶ月以内)

∴株主総会から1ヶ月以内の6月24日

この日までに、税務署へ届出を提出することになります。
ここは日付をしっかり守らなければいけませんので、顧問税理士さんと要相談です!

»»»[手続名]事前確定届出給与に関する届出

注意すること

ここで注意することをお伝えします。
それは、「支払額は1円でも変えてはダメ」ということです!

役員に支払う賞与が少なくても、多くてもダメです。
届出を出した金額と1円でも違ったら、経費にできないことになります。

ここは要注意!

例えば、100万円と提出しておいて、利益が予想より出たらか多めに150万払って、100万は経費なり、50万は経費にならないとかではありません。
150万円の全額経費となりません!!

逆に、利益が予想以上に出なかったから、100万円だったのを、30万に下げて払っても、その30万円は経費となりません。

よって、「届出した金額しか支給することができない」というのが注意ですね。

このあたりが「使い勝手が悪い」と税理士さんは言いますが、僕が以下で解説する活用方法を読まれてください(*^^*)

なぜ金額を変更することができないかというと、「利益の調整」をできないようにするためです。
「社長の給与はなぜ定額なのか?!」でも話したことですよね。

 

活用方法

では、山下くんからの活用方法をアドバイスします(*^^*)

それは、「利益が出たら賞与を払う」ようにするのです!

  • 利益が出そう ⇒ 届出の金額を払う
  • 利益が出なさそう ⇒ ゼロ円

例えば、決算期末に支払う予定で届出(100万円)しておきます。

そして決算が近づいて200万の利益が出たら、100万円払います。
しかし、赤字、もしくは利益が少なかったら、賞与を払わないのです!

そうすれば、100万円の場合は全額経費となり、0円のときは届出とは違いますが、0円で何も払ってないので経費にできない部分はないため、何も損はありません(*^^*)

これでOKです!!

これは「モチベーションアップ」にも繋がります。

社長や役員は、毎月給与が一緒で、利益が出てもモチベーションが上がりません(笑)
そのため、目標の利益が出たら、届出た賞与を払うというようにしておけば、モチベーションが上がりますよね!

僕だけでしょうか、現金なのは(笑)
やはり人間ですから、お金で還元してもらえるのは嬉しいはずです!!

このように、「100か、ゼロか」という活用法を取り入れてはいかがでしょうか(*^^*)

デメリット

まあこれは仕方ありませんが、賞与を払うため社会保険料がかかります・・・。
会社と個人で、約30%の負担

これは逃れることができません(笑)

嫌であれば、配当金を払う方向も検討しましょう!
こちらは別の記事に譲りますね。

まとめ

  • 社長にも賞与を支給して経費にできる
  • 利益が出たら払うようにして、モチベーションアップ!
  • 賞与や配当でどちらがいいか比較する

動画・音声

 

 

無料メルマガのご案内

会社のお金と税金を、ステップメールで学びませんか?!税理士が教える、無料メルマガ配信中!!

PAGE TOP